アメリカドラマ「リベンジ」シーズン3 第15話を見て

アメリカドラマ「リベンジ」シーズン3の第15話「苦悩」を見ました。

突然に現れたコンラッドの元妻であるスティーヴィー・グレイソン。なんとジャックの実の母親なのだと名乗り出ます。ジャックって本当にとことん運がないというか、とにかくかわいそうな役回りですよね。これまで散々苦労してきた時代にも会いにはこなかったのに、急に告白されてもはっきり言って迷惑なだけだと思います。拒絶したジャックの気持ちは、とてもよく分かりました。

しかし迷っている様子で、エミリーに相談に行くシーンは久々に見た穏やかさがあり、なんだか泣けました。二人でブランコに座り、そっとエミリーの手を取るジャック。シーズン1の時にこの二人が結ばれていたら、きっと全く違う展開になっていたであろうと想像せずにはいられません。

そして、記憶が飛ぶようになったことに悩むエミリーを救ったのは、エイダンでしたね。もはや精神論の領域で少々理解が追いつかないところもありましたが、とにもかくにもエミリーはだいぶ回復したようでなによりです。次回は、スティーヴィーがジャックを傷つけない展開を期待したいです。フレシャス デュオ

アメリカドラマ「リベンジ」シーズン3 第15話を見て