梅雨の年代は割り切ってカサカサタイミングを次々実用

梅雨の時季、洗濯物がなかなか干せません。
なので我が家の洗濯乾燥機会は乾燥システムフル活用間だ。
元々、梅雨旬でも洗濯してアッという間に乾燥できるようにと購入した洗濯乾燥機会。
でも、東日本災害と福島原発事故以降、省エネルギーを強く意識するようになり、乾燥機会もできるだけ使わないようにしていました。
だけど、梅雨旬だけはそうもいきません。
この時期だけは割り切って、乾燥機会を毎日のように回し洗濯に勤しんでいらっしゃる。
たまたまギリギリでまだまだクーラーを使わずにすんでいるので、電気代はそれ程激しくならずに済みます。
乾燥機会を使わずにすむようになるとの買い替えでクーラーを使うように達するという感じですね。
電気代は6ひと月から9ひと月ぐらいまで、平時よりいっぺんに登る感じ。
それでも、いまどきの節電家電なので、以前のように電気代が月に10000円超えて仕舞うようなことは概ねなくなりました。
他のポイントで何だかんだ省エネルギーやることもあり、きっと洗濯乾燥機会ぐらい仕方ないかなあと感じるようになりました。

梅雨の年代は割り切ってカサカサタイミングを次々実用