結婚しても悔いしかしていないというのは本心か?

とことん結婚式欲が激しい婦人に対して、既婚女性が結婚式なんて嬉しいものではないと言ったりしていますが、それがどこまで本当の気持ちなのかわたしには分かりません。その人も必ずやひとり暮しだったら焦っているでしょうし、もしアッという間に離別をすることになったら、それはそれで怒るのではないかと思います。

私も、思い描いていた結婚式とは異なると想うことも、ストレートあります。でも、ダディがいらっしゃるという真実味は、何物にも代えづらいとも感じています。

今は、1人類で話すことも困難ではないですが、取引を辞めたり、年老いたりした場合そばに誰もいないというのは、想像しただけで寂しすぎます。家一生の人類は、その寂しさももらいがたいようですが、両親が亡くなった場合その孤独を感じることになると思います。

結婚式というのは、儲けや間や家族、子育ての問題もセットで付いてきて大変ではありますが、それでもわたしはひとり暮しを貫かなくて良かったと思っています。だから、結婚式したいと言っている人類には、結婚式は嬉しいものだと呼びかけるようにしています。

結婚しても悔いしかしていないというのは本心か?