私のゆううつな意欲を軽くしてくれたのは小学生時代の事象でした。

体躯をこわしてしまって、定年を余儀なくされて、ぼんやりと住まいにいることが多かったときのことです。その時の、ゆううつなモードを取り替えることはないかと思っていたのです。ふっと思いついたことがありました。今まで楽しかったことを記録してみようと思ったのです。そうすることで感情が移り変わるだろうと思ったのです。書き始めると、どういうわけか小学校現代や中学時代のことが散々心に浮かんできたのです。その頃の何気ない常々が面白かったのです。SLが受かるたびに、四方玉をレールの上に置いておいて、歪曲させたものを我々の宝物だとひけらかす友人のことや、ペンの頭についた丸っこいふくらみは軽々しくて美味いと仲間に教えていた同級生など、大笑いことばかりしていた友達の顔つきが浮かんできました。そして怒りが癒されて出向くのが分かりました。ちなみにこういう二人の品行は時効が成立しています。少年期のメモリーや試合が何で怒りを癒してくれるのかそれほどわかりませんが、確かなことは連中が無邪気で純粋だったからだ。

私のゆううつな意欲を軽くしてくれたのは小学生時代の事象でした。