花嫁にはよくある話?マリッジブルーになってしまった話

結婚を目の前にするとわくわくより不安の方が多くなる。
それは俗にマリッジブルーと呼ばれています。
20代後半から婚活を始め、やっと結婚という夢に到達できました。
最初はこんな幸せなことはあるのだろうかと思っていました。
しかし少しずつ結婚する時期になってくると不安も大きくなっていきました。
ずっと独身で一人暮らしになれているのに、本当にこの人とずっと一緒にいられるの?
とか自分に飽きてしまって別れるなら今別れたほうがいいのでは?
全てが妄想で不安にかられる毎日でした。
そんな時実家に帰り母にマリッジブルーなのかもしれないという話をしました。
全てを聞いた上で母は大丈夫だと言ってくれました。
新しい生活になることも不安になることも確かにあるけれど、
時が経つときっとこの道を選んでよかったと思うはずだと言いました。
また選んだ道だからこそ、幸せになる努力をあなたはするはずだから、私は心配していないとも言ってくれました。
確かに自分で選んだ道だからこそ幸せになる義務があるし、努力しなくてはいけない。
その努力は今まで自分一人で背負うものだったかもしれないけれど、次は二人で背負うものだと思うと、
気持ちが軽くなりました。彼に頼っていいんだなと思えました。
母親に話を聞いてもらって私のマリッジブルーは解消されたのでした。

花嫁にはよくある話?マリッジブルーになってしまった話

本州では暑い日が続いているようですが、ここは寒いです。

ここ北海道は寒い日がっ続いています。今日は冷たい雨が降り、平地でも雪の所がありました、本州では30度を超える所もあるというのに、最近の北海道はストーブが無くては生活が出来ません、南北に長い日本列島、この秋は寒くなるのが早いような気がします。秋には小春日和と言うこともあるはずなのですが、今年はそんな日もなさそうです、何時雪が降ってもおかしくないくらいの寒さが続いています、しかし、今週末はまだ寒くなるようです。障害者には辛い季節になってきました、秋のすがすがしい感じの天候にはなかなかなりませんね、長期予想では、初雪は早いそうですが、根雪は遅いそうです、冬の積雪も地域に寄りドカ雪の所があるそうです、雪が少なく、暖かな冬になることを願っています。寒いと灯油代もかかるし、除雪も大変です。ここ1~2年は小雪傾向だったのですが、今年の天候はどうなのでしょう、心配です、心配が当たらないようにと、思いながら、今日の寒さをストーブの前で凌いでいます。

本州では暑い日が続いているようですが、ここは寒いです。