自分が進むべき道が正しいのかどうか迷った時に大切なもの。

 過去に戻ることはできないけれど、娘達とよくリセットしたい話をしている。同じように育てていても、それぞれが違う生き方をしていることを思うと、精神世界の話でよく登場する「カルマ」というものを、つい考えてしまう。
 軽い「選択」から、重い「決断」まで、人生の中には、テストかと思うような岐路が幾つも用意されているが、どっちへ向かうかを決めるのは、いつもその時点まで全力で生きた結果ある自分である。たとえ人生をやり直したとしても、どの道へ進んだとしても、そこにはまた新たに成長に向かう課題に突き当たるのだ。だから、どの人も今の成長に必要だった過去なのだと思う。そして、今後に進むべき道は、どちらにせよ、大事なことさえ一つもっているならば、正しいのだと思う。それは、今の自分が「善」と感じている方向へ進むということではないだろうか。
 世の中、そんなたやすいものじゃないとか、さも自分も体験してきたように公表される正論は、実は幻のようなものだったりもする。
 
 ミュゼ 0円

自分が進むべき道が正しいのかどうか迷った時に大切なもの。